葉酸サプリの怖い副作用とは?

葉酸はもともと水溶性の栄養素です。
ですので、体内でも水に溶けやすく、摂取しても多くは水に溶けてなくなってしまうという性質を持ちます。
本来は葉酸を過剰摂取しても副作用が起こることはほとんどないのですが、サプリメントになると話は違ってきます。

 

葉酸はサプリメントになると栄養素がそのままの形で残ってしまいます。
消化されやすいようにそのような形になっているのですが、体に吸収もされやすいので過剰摂取には注意しなければなりません。

 

葉酸の一日の摂取量というのは決まっているので、サプリメントにも摂取する量が定められているはずです。
それをきちんと守らなければ、葉酸の過剰摂取となり副作用が発生することがあります。

 

葉酸の過剰摂取による副作用は、吐き気、食欲不振、むくみ、立ちくらみなど。
ひどい人は不眠症に悩まされることもあります。
また血行が急激によくなり、血管が膨張して皮膚に赤い斑点ができてしまうこともあります。

 

さらに葉酸と相性の悪い人だと、皮膚の痒み、呼吸困難などの症状が出てしまうことも。
このように葉酸の過剰摂取は様々な健康被害の副作用を引き起こしてしまいます。
葉酸サプリを摂取する際には、摂取量を必ず守って副作用が出ないように気をつけましょう。
使い方さえきちんと守れば、葉酸サプリの副作用はほとんどありません。